2010年07月12日

12年前と今

今から12年ぐらい前かなあ、
とある民放のドキュメンタリー番組に出演しました。
しかも1年間かけての密着取材でした。

当時、私はとあるフリースクールの仕事をしていました。
今よりさらに何もわかっていない若輩者の私。
勢いと気持ちだけで動いていました。

フリースクールに通う子どもたち。
世間で言われる「不登校児」。発端は私と彼らとの世間話の中で起こりました。

「なあなあ トライアスロンって何だろう?」
「遠泳とサイクリングとマラソンを同時にするらしいで」
「同時ってどうやってするん?」
そんな会話の途中に私が放った言葉。
「ほな、みんなでやってみるか?」
そこから、どうせやるならということで話が盛り上がり
鹿児島県指宿の大会へ出場が決まり、練習の日程が決まり・・・

ドキュメンタリー番組はこのトライアスロンに出場しようとする子どもたちを
出場を決める過程から、大会のゴールまでを追いかけたものでした。
もちろん私も出場しました。 連日のトレーニングのおかげで無事完走。

番組の名前は「水色のメッセージ」
出場する一人の選手の頭に巻かれた水色のはちまき。
そこに書かれた仲間からのメッセージ・・・。

テレビ番組にありがちな誇張も演出もありませんでした。
確実にこのトライアスロンで子どもたちが変わりました。
目の色も表情もその後も変わりました。
出場した子どもだけでなく、
応援や手伝ってくれた子どもたちも変わりました。
何より私が変わりました。

今思えば、子どもたちにとってはトライアスロンでなくても
何でも良かったのだと思う。
ただ、自分が一生懸命できるものがあれば・・・。
そして、同じ目線でがんばる大人がいれば・・・。

12年前はそんなことまで考えてなかったなあ。
「これやっ」て思ったら突っ走るだけでした。


何の運命だろうか。
12年後の今、そんなことをまた一生懸命考える事業と関わっています。

これを読んでくれた人も、
一緒に考える機会にしませんか。



不登校児のために 大人できること…
------------------講演会&から騒ぎ風トークショー----------------------


体験活動が育む子どものココロ

不登校児に大切な体験って、どんなことなんだろう…
そもそも体験活動って何がいいの?
そんなギモンをお持ちの方に聴いてもらいたいお話です。

学校に行きたくない…そう思ったことのある方も、気軽にのぞいてくださいね。

------------------------------------------------------------


【日時】2010.7.17(土)14:00~16:30
【会場】神戸市勤労会館 3F 講習室308
(〒 651-0096 神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
【対象】不登校児の保護者、不登校児を支援する団体関係者など
【参加費】無料

■第1部(14:00~)<講演会>-----------------------------------

「体験で心を開き 体験で仲間とつながり体験で新たな学びを!」
~よみがえる 不登校・ひきこもりの子ども・若者たち~

講師:小林 剛先生
(兵庫県立神出学園 学園長/武庫川女子大学 名誉教授)
※兵庫県立神出学園:94年に設立された全国初の公立フリースクール。
様々な理由で学校生活をうまく送れなかった高校年代から21歳までの
男女が寮で暮らしている。

■第2部(15:00~)<から騒ぎ風トーク>---------------------------

「体験活動のスゴイところって何だ?!」

「不登校児」「体験活動」に関わる大人が大集合。
活動を続ける中で、子どもたちになぜ体験が必要なのか、
どんな体験が大切なのかなど、様々な視点からアプローチしていきます。

------------------------------------------------------------
<2010年JT青少年育成に関するNPO助成事業>
【お問合せはこちらまで】
NPO法人 生涯学習サポート兵庫
(ウルトラクイズウォーク運営委員会事務局)
兵庫県姫路市飾磨区英賀西町2-15-2
TEL:079-230-0661  FAX:079-230-0662
E-mail:shosapo@iwish.jp
http://shosapo.iwish.jp

【後援】兵庫県・兵庫県教育委員会・銀の馬車道ネットワーク協議会

Posted by やまさん at 17:39│Comments(1)
この記事へのコメント
 ご無沙汰でございます。お元気ですか?やまさんの言う通り「これやっ」と思ったら突っ走る勢いは、いつまでも持ち続けないといけませんね。
 年齢を経て、色んな経験をしたことで、周囲は丸くなったと解釈しますが、時と場合によっては、昔のように「これやっ」って突っ走る勢いを持ちたいと思います。
 やまさんのこの記事を読んで、そんなことに「気づき」があったボギーでした。また、是非コラボレーションしましょう。
Posted by ボギー at 2010年07月28日 11:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。